QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース クラウド関連ETFに大規模な資金が流入、アマゾンやVMウエアを組み入れ
この記事は公開から1年以上経過しております。

クラウド関連ETFに大規模な資金が流入、アマゾンやVMウエアを組み入れ

QUICK Market Eyes=片平正二

12日の米国市場でネットワーク経由で情報サービスを提供する「クラウドコンピューティング」関連の銘柄を投資対象とするファーストトラスト・クラウドコンピューティングETF(SKYY)に大規模な資金が流入した。QUICK FactSet Workstationによれば3億3118万ドルの流入となり、4月14日以来、1カ月ぶりの大きさを記録した。

この日の米国市場でSKYYは7営業日ぶりに反落して終えたが、一時は2月21日以来、約3カ月ぶりの高値圏を回復して強含んでいた。

同ETFはクラウド関連のインフラ、サービス、プラットフォームを手掛ける64銘柄を組み入れる。11日時点の組入上位はアマゾン・ドットコム(4.64%)、仮想化ソフトを手掛けるVMウエア(4.25%)、マイクロソフト(4.18%)、ビジネスソフト大手のオラクル(3.93%)、米検索大手グーグルの親会社であるアルファベット(3.80%)となっている。

※ファーストトラスト・クラウドコンピューティングETFのファンドフロー

※ファーストトラスト・クラウドコンピューティングETFのファンドフロー (QUICK FactSet Workstationより、単位・百万ドル)

 

<関連記事>

■ブラックロック株を売る筆頭株主、その理由とは

■悪化が続く米経済、金融緩和の影響や原油価格の行方は?

■エヌビディアが上場来高値、好調「Switch」の恩恵を反映

■アマゾン、コロナでネット通販沸く 人件費増が懸念材料に

<マーケットの知力をお試し!金融クイズはコチラ

著者名

QUICK Market Eyes 片平 正二


ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる