QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 円相場は6月に転機? 各国で高まる緩和縮小期待

円相場は6月に転機? 各国で高まる緩和縮小期待

【日経QUICKニュース(NQN) 末藤加恵】外国為替市場で円相場の膠着感が強まっている。米連邦準備理事会(FRB)の量的金融緩和の縮小(テーパリング)に向けた議論は小康状態で、円相場を動かす可能性がある米長期金利も動意に乏しい。一方、米国では新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、景気回復が鮮明だ。6月初めに発表される5月の米雇用統計の結果が良好なら、再び米テーパリングの思惑が膨らみ、円相場は下...


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

8301 銀行業
日本銀行
26,500
前日比0 (0%)
日本銀行の株価を見る

その他の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる