QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース MACDとは何か 見方や計算式、ゴールデンクロス・ダイバージェンスについても解説

MACDとは何か 見方や計算式、ゴールデンクロス・ダイバージェンスについても解説

【QUICK Money World 辰巳 華世】株式投資をする時の「買い時」、「売り時」の判断はとても大切です。投資成功のカギは、売買タイミングをできるだけ早く判断することとも言えます。テクニカル指標のMACD(マックディ)は、早い段階で売買タイミングを判断するために使います。今回は、そんな便利なMACDの基本から具体的なチャートを見ながらの活用方法、注意点を分かりやすく解説します。

MACDとは

MACDとはマックディと読み、「Moving Average Convergence Divergence」の略称です。移動平均線を使用したテクニカル指標です。テクニカルチャートで描画し、短期の移動平均線と中長期の移動平均線の動きから買いと売りのタイミングを判断します。主に短期の場合は、9週、中長期の場合は12週または、26週等が使用されます。ネット証券などのテクニカルチャート画面上では、期間を自由に変更できる場合もあります。

移動平均線は、一定期間の株価の平均値を線としてつないだグラフです。MACDで使われる移動平均線は、一般的な単純移動平均線(SMA)ではなく、指数平滑移動平均線(EMA)が使われます。

単純移動平均線は、すべての値を平等に扱い、平均値を出しています。100日単純移動平均線であれば、100日間の終値の合計を100で割ったものになります。

一方、MACDで使うEMAは、新しい価格の方が影響力がより大きいとの考え方から、新しい価格の比重を高めて計算されます。EMAの方が、直近の株価に比重を置いて算出しているので、変化が早く表れると言われています。将来の相場を予想する上で、例えば、100日前の終値と当日の終値を平等に考えるのではなく、直近の株価の方がこの先に与える影響は大きいとの考えから、新しい株価により多くの比重を、古い株価は少し軽視するという考え方です。

MACDの構成

MACDは、テクニカル指標の名前です。MACDは、MACD線と呼ばれる線とシグナルと呼ばれる線、そしてヒストグラムで構成されています。それぞれの定義は下記になります。

 ・MACD線 = 短期移動平均線(EMA) - 長期移動平均線(EMA) (例:12週線 - 26週線)

 ・シグナル = MACDの単純移動平均線(例:9週線)

 ・ヒストグラム = MACD線 - シグナル

MACD線とシグナル、この2本の線の推移で相場のトレンドや売買タイミングを判断します。

MACD線が0より大きいということは、短期EMAが長期EMAを下から上に突き抜けている状態(短期EMA>長期EMA)であることを示します。

ヒストグラムは、MACD線とシグナルの差を棒グラフで表示したものです。MACD線がシグナルを下から上に突き抜けた(MACD線>シグナル)場合、0以上の棒グラフとなります。

MACDの使い方と活用方法

MACDはテクニカルチャートで描画できます。MACDを見ることで相場のトレンドや売買タイミングを捉えることができます。

トヨタ自動車(7203)の週足チャートをMACDを使って見てみましょう。チャート上部は株価と単純移動平均線(緑が13週、赤が26週)、MACDは、チャート下部に表示されている緑の線(MACD線)と赤の線(シグナル)と紫色の棒グラフ(ヒストグラム)になります。

①ゴールデンクロスとデッドクロスで取引のタイミングを判断する。

ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が中長期の移動平均線を下から上にクロスすることで、買いのサイン、デッドクロスとは短期の線が長期の線を上から下へクロスすることで売りのサインと言われています。

MACD線がシグナルを下から上に突き抜けるゴールデンクロスや、上から下に突き抜けるデッドクロスは、単純移動平均線が作るゴールデンクロスやデッドクロスより早く出現するので、売り・買いの判断がより早くできる特徴があります。これは、MACDは指数平滑移動平均線(EMA)を使って計算されており、EMAは直近の株価に比重を置いて算出しているので、単純移動平均線より変化が早く表れるためです。

具体的にトヨタのチャートで見てみましょう。

2016年5月あたりでMACD線がシグナルをゴールデンクロス(赤矢印)しており、その後、相場が上昇しているのが確認できます。チャート上部の単純移動平均線では2016年8月頃にゴールデンクロスしており、MACDの方が早くゴールデンクロスをしています。実際、2016年5月以降しばらくトヨタの株価は上昇トレンドになっています。2011年末にも、2012年初に発生する移動平均のゴールデンクロスを先行する形で、MACDのゴールデンクロスを実現しています。

一方、2020年1月など複数のタイミングで、MACD線がシグナルを下回るデッドクロス(青矢印)になっています。その後、相場は下落しています。チャート上部の単純移動平均線ではその数か月後にデッドクロスしており、MACDの方が早く売りのサインを示しています。

②0ラインブレイクアウトでトレンドの動きを予測する

MACD線が0ラインの上を超えることは、上昇トレンドが続くサインとされます。さらに、後を追うようにシグナル線も0ラインを超えると、上昇トレンドが顕著になるとされています。先程のトヨタのチャートでも、MACD線とシグナルがともに0を上回った後、1か月以上の期間は、株価が上昇基調となっています。

これは、MACD線の算出式を考えれば分かりやすいと思います。

MACD線=短期移動平均線 長期移動平均線で算出されます。つまり、MACD線が0以上に浮上するということは、短期線が長期線を下から上へ突き抜けた状況、つまり短期線と長期線がゴールデンクロス(厳密には、どちらかが下向きのダマシのケースもある)となっていると言えるためです。足元(短期)の相場が強くないと、0を上回ることができません。

反対に0ラインを下回る場合は下落のトレンドが続くことが予測できるため売り時になります。MACD線とシグナル線が同じ方向を向くときはトレンドがその方向に大きく動くサインになります。

①と②をまとめると、MACDのゴールデンクロスの後、MACD線とシグナルは0をおおむね上回って推移する、つまりMACD分析のすべての要素が上向きで0以上の場合、相場が強いことの信頼度が高いと言えます。逆に、MACDでのデッドクロス後、MACD線とシグナルは0を下回って推移する、場合、相場が弱いことの信頼度が高まります。

③ダイバージェンス発生後はトレンドが転換する

ダイバージェンスとは株価は上昇しているがMACDは下降するなど逆のトレンドを示すことです。ダイバージェンス発生後はトレンドが転換することが予測されます。この様な場合は、MACDに引っ張られて株価は下降することが考えられるため売り時と言われています。

MACDの注意点

MACDは、相場のトレンドや売買タイミングを捉える便利なテクニカル指標です。ただ、注意点もあります。値動きが少ない銘柄や、相場がレンジ相場の場合は分析がしにくいです。値動きがあるトレンド株での分析でMACDを活用するのが良いでしょう。

また、線の交差の角度が緩やかな場合はダマシの可能性があるので注意が必要です。ダマシとは実際の売買のタイミングではないサインのことを指します。

まとめ

MACDは、相場のトレンドや売買タイミングを知る便利なテクニカル指標です。MACDを活用し、買い時、売り時を分析して投資に活かしましょう。QUICK Money Worldの個別銘柄チャート画面でも、簡単なものですがMACDを確認できます。

 

金融コラム会員登録バナー

著者名

QUICK Money World 辰巳 華世


銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる