QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 明豊エンター(8927) 監査公認会計士等の異動 臨時報告書

明豊エンター(8927) 監査公認会計士等の異動 臨時報告書

最終更新 2021/9/27 15:29

提出者:明豊エンター(8927)
提出書類:臨時報告書
提出日時:2021.09.27 15:28

<提出理由>
当社は、2021年9月22日開催の監査等委員会において、金融商品取引法第193条の2第1項及び第2項の監査証明を行う会計監査人の異動を行うことについて決議し、2021年9月22日開催の取締役会において、当該議案を2021年10月27日開催予定の第53期定時株主総会に付議することを決議いたしましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。


選任する監査公認会計士等 城南公認会計士共同事務所
退任する監査公認会計士等 城南監査法人
監査公認会計士等の異動日 2021年10月27日(第53期定時株主総会開催予定日)
退任する監査公認会計士等の就任日 2021年2月25日
退任する監査公認会計士等の意見 該当事由はありません。
異動の理由及び経緯 当社の会計監査人である城南公認会計士共同事務所は、2021年10月27日開催予定の第53期定時株主総会終結の時をもって任期満了となります。
監査等委員会が城南監査法人を会計監査人の候補とした理由は、同監査法人は城南公認会計士共同事務所を母体として設立されたことから適正な監査体制を継続できること、会計監査人に必要な専門性、独立性および品質管理体制等を有していること、並びに監査報酬額が相当であることなどを総合的に勘案した結果、同監査法人が当社に適した効率的かつ効果的な監査業務を遂行できると判断したためであります。
以上の理由により新たに城南監査法人を会計監査人として選任することといたしました。
理由及び経緯に対する意見 特段の意見はない旨の回答を得ております。



※金融庁のEDINET(金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)で開示された書類に基づく情報です。
※一部のお客様は参照文書にリンクできない場合があります。

【QUICK AI速報】本コンテンツは、最新の言語解析技術を活用して企業の開示資料の内容を読み取って自動生成しております。データが正しく生成されていない可能性もありますので、最終的には上記リンク先の元資料をご覧ください。

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

この記事の関連銘柄

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる