QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 「経済・ビジネス」の人気の記事・ニュースランキング

「経済・ビジネス」の人気の記事・ニュースランキング

「ADR」と株の違いとは? アメリカ経由で世界の企業に投資できる仕組みを分かりやすく解説
3

「ADR」と株の違いとは? アメリカ経由で世界の企業に投資できる仕組みを分かりやすく解説

老後に2000万円の金融資産が必要との試算を金融庁が示すなど老後資金に対する不安が高まっています。人生100年時代を迎えた今、年金改革だけでなく、自助努力で老後資金を準備することは必須で、運用は一つの解決策となります。運 […]
金融コラム 経済・ビジネス
2020/10/15 11:00
PERは市場最低の2倍台 東電HD株「復興」の道筋見えず
12

PERは市場最低の2倍台 東電HD株「復興」の道筋見えず

QUICK編集チーム=伊藤央峻、写真=取材団代表撮影 東京電力ホールディングス(9501)の株価がさえない。年初来安値圏で推移し、予想PER(株価収益率)は2倍台と東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄の中で最も低い。原因 […]
金融コラム 経済・ビジネス
2019/12/25 12:03
インサイダー取引をわかりやすく解説 家族や取引先、退職後も注意 罰則や事例も紹介
14

インサイダー取引をわかりやすく解説 家族や取引先、退職後も注意 罰則や事例も紹介

株式投資をする以上、利益を出したいと願うのは当然のことです。投資家にとって株価が上がる材料は、喉から手が出るほど知りたい話かもしれません。業績の上方修正やTOB(株式公開買い付け)は、株価の上昇がほぼ間違いありません。そ […]
金融コラム 経済・ビジネス
2020/10/31 10:00
楽天ポイント運用の利用者倍増 手軽な「投資の入り口」に200万人
19

楽天ポイント運用の利用者倍増 手軽な「投資の入り口」に200万人

楽天グループが提供する「ポイント運用 by 楽天PointClub」のユーザー数が200万人を突破した。今年1月に100万人を突破してから半年で利用者が倍増した。手軽に始められるポイント運用が、証券投資の入り口になりつつ […]
金融コラム 経済・ビジネス
2020/7/16 15:57
すべての道は金利に通ず by 鈴木涼介氏(シリーズ:ベテランに聞く)
60

すべての道は金利に通ず by 鈴木涼介氏(シリーズ:ベテランに聞く)

一国の経済の基礎的条件(ファンダメンタルズ)や金融政策と最も密接に関わるのは金利の市場だろう。しかも一回あたりの取引額が大きく、名だたる金融機関やヘッジファンドが慎重に立ち回るため、株や外国為替よりも理路整然とした動きを […]
ベテランに聞く 為替・金利 経済・ビジネス
2018/11/27 10:37
嶋中雄二氏「次の覇権国、中国ではない」インタビューNext25Years
70

嶋中雄二氏「次の覇権国、中国ではない」インタビューNext25Years

「これからの25年間の世界経済や市場はどうなるか」ーー。日経QUICKニュース社(NQN)設立25周年の特別インタビュー企画で、三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所の嶋中雄二所長は、50~60年程度を周期とし […]
Next25Years 経済・ビジネス
2020/2/20 10:38
株価指標「PER」の見方を解説 指標の意味、計算式、PBRとの違いは?銘柄・業種別ランキングも紹介
80

株価指標「PER」の見方を解説 指標の意味、計算式、PBRとの違いは?銘柄・業種別ランキングも紹介

【QUICK Money World 辰巳 華世】日経平均株価が終値で2万7000円台を回復し、およそ30年ぶりの高値を更新するなど、最近の株式相場から目が離せません。株価が上昇する中、投資家にとって、今の株価が「割高」 […]
金融コラム 経済・ビジネス
2021/1/15 13:00
目指せデータの達人⑥踏み上げ相場は都市伝説?「信用売り残」の見方
86

目指せデータの達人⑥踏み上げ相場は都市伝説?「信用売り残」の見方

東京証券取引所が公表している「信用取引残高」は、株式需給を読むうえで重要な指標だ。信用取引は約定日から6カ月以内に反対売買するのが一般的。信用買い残が増えていれば、将来の売り圧力の高まりとみなされ、反対に売り残が増えてい […]
目指せデータの達人 株式マーケット 為替・金利 経済・ビジネス
2019/4/24 15:41
稼いでいればデカい企業?売上高と時価総額の関係に迫る
90

稼いでいればデカい企業?売上高と時価総額の関係に迫る

  「売上高」と「時価総額」の順位が異なる業種 企業にとって、売上高と時価総額というのは大事な指標です。『簡単業種分析』では。東証33業種の業種別の売上高と時価総額上位10社の規模を、わかりやすく視覚的に確認す […]
金融コラム 経済・ビジネス
2016/5/25 16:01
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる